Scientifc Linux 6.1 + nginx / yum 起動スクリプトを流用する

2012/02/01

ようやくわかった

passenger_ruby /home/USER/.rbnev/versions/1.9.3-p0/bin/ruby;

passenger_ruby /home/USER/.rbnev/shims/ruby;

としていたため。とりあえずベタ書きで対応。

稼動しているサーバから持ってきた設定であったが、 おそらく以下のようなdot-file設定等々に影響してるのだろうな、と。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
source ~/.rbenv/completions/rbenv.bash
今気がついて、まだ直せていない /etc/init.d/nginx で起動すると /home/USER/.rbenv/shims/ruby: line 4: exec: rbenv: not found がnginxのerror_logに出続けるので修正する 例えば http://exmaple.com/ にアクセスするとして Cannot spawn application ’/path/to/rails_root’: Could not read from the spawn server: Connection reset by peer (104) というエラーがでる /usr/local/nginx/sbin/nginx も /etc/init.d.nginx start も 期待通りの挙動を示していないため、passengerとの連携に問題があると言えそう。 WEBRICK単独ではsinatraさんは期待通りに動いてくれている。

最初の小細工

config option((–lock-path を以前のものから変更した))

yum 版 nginx との差分

修正後の nginx 起動スクリプト